« ゆで野菜のねぎ油かけ(中華ホットサラダ) | トップページ | 鶏肉のローマ風煮込み »

2010年5月 5日 (水)

鶏胸肉のイタリアンソテー 赤ワインソース

他のイタリアンソテー同様、落合務のレシピだと記憶しています。
格安の胸肉が、簡単に本格高級料理に。

薄力粉ではなく強力粉をはたくのがプロの味に近づくコツだそうです。
この料理の方法だと胸肉も中はしっとり外はパリパリ。

赤ワインで煮るのでちょっと紫がかった不思議な色になります。
料理用ワインでもいいですが、ワインが味の決め手なので、赤ワインを開けた時に、少し残しておいて作るといいと思います。
お気に入りのワインで作ったものは、味も絶品!
レシピでは肉を叩いてのばしますが、私は、薄く切ったまま焼きました。

分量は1人前。
 **肉を焼く**
鶏胸肉(120g)を叩いて3倍の大きさ(面積)にする。
薄く伸ばせれば片面に(厚ければ両面に)塩、コショウする。
強力粉(薄力粉でないところがポイント)を振る。
無塩バター(10g)とサラダ油(大さじ1)を強火にかける。
バターが溶けたら肉を入れる。時々押し付ける。
強火で(火の加減はしながら)さっと短時間に焼く。
焼き色がついたらひっくり返す。
出た脂が多ければ捨てる。(脂はソースの半量に)

 **ソースを作る**
ひっくり返してから赤ワイン(40cc)をかけ、強火。
肉に火が通ったら肉を取り出す。
取り出したフライパンに塩、コショウ(各少々)を入れ、少し煮詰めたら無縁バター(10g)を入れる。
(とろみが出なかったら粉を少し足す。)
できたソースを肉にかける。

鶏胸肉のイタリアンソテー トマトソース鶏胸肉のソテー3種、中華レモン・チキンもお勧めです。

★おまけ★でも貴方の家族を救うかもしれないクイズ
 症状から病名を当てて下さい。
睡眠中暴れたり大声。小刻み歩き。転ぶ。幻覚(人、動物、虫)。うつ。物忘れは目立たない人も。
アルツハイマーに次いで多い認知症の1種、レビー小体型認知症です。患者数推定64万人。誤診が多いです。
詳しくは、私のもう1つのブログを。


検索用ワード 鶏むね肉のソテー 鶏胸肉のソテー  

|

« ゆで野菜のねぎ油かけ(中華ホットサラダ) | トップページ | 鶏肉のローマ風煮込み »

肉・卵・チーズ料理(和食・和洋折衷・欧米)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゆで野菜のねぎ油かけ(中華ホットサラダ) | トップページ | 鶏肉のローマ風煮込み »