« 塩麹豆腐とトマトのカプレーゼ | トップページ | 花のアルバム »

2012年4月26日 (木)

そらまめ、もやし、ホウレンソウのおすすめ新調理法

・・とタイトルには書きましたが、既に2回も記事にしている有元葉子の「オリーブオイル煮」という調理法です。
(でも私は、有元さんほど沢山オリーブ油を使わないので、ちょっと違います。あっ、必ずエクストラバージンオリーブ油を使って下さい。ごま油でもOK。)

これは、有名になった「蒸しいため」よりカンタンで、短時間にでき、絶対失敗がないです。
野菜本来の旨味が濃厚に出るので、使う塩もごく少量で満足できます。

有元さんのレシピ本には、「小松菜・菜の花・ブロッコリーのどれかを使う」と書いてあったんですが、試してみたらありとあらゆる野菜でできました。
感動のおいしさです!
(そらまめは、この調理法が一番美味しいと思います。)
料理初心者、単身者、忙しい主婦にもぴったり!


*** 作り方 ***

 蚕豆(空豆/ソラマメ)(水分ゼロで濃厚な味に。皮までおいしい!)

さやから出して鍋に入れる。
塩をふる。(最初は、少なめにすると失敗なし。後で足せる。もしこれが、ゆで玉子ならこの位かけて食べるかなという量を)
オリーブ油を全体に薄くかける。(大さじ半くらい)
鍋にふたをする。
火にかける。(元のレシピは弱火。私は、中火)
途中で味見して塩加減と火の通り具合を見る。(足りなければ塩を足す)
余熱も考えて固め(私の好み)で終了。

 モヤシ

一袋ざっと洗う。(手でバキバキ折るとかさ張らずお弁当向きに)
水を切って鍋に。塩をふる。好みでにんにくスライスを。
オリーブ油かごま油を薄く(大さじ半くらい)かける。
あとは、そらまめと同じ。途中でガーッとかき混ぜる。
すりゴマをかけたり、火にかける前にカレー粉(小さじ1位)を入れたり、最後にバルサミコ酢や甘酢をかけても美味。

 ほうれんそう

これだけは、あくがあるからダメだろうなと思っていたんですが、やってみたら「さっぱりしたバター炒め」のような感じに美味しくできました。あくも気にならず。とにかく早い!

一束洗って水をざっと切る。
手でブチブチ千切って茎から鍋へ。(面倒くさければ全部一緒に)
上と同じように塩と油をほんの少し。
茎だけで1分くらい火を通してから手で千切った葉を入れる。
また塩と油をほんの少し。
あとは、同上。途中でガーッとかき混ぜる。

火の通り具合がわからなかったら、最後は、ふたを取ったまま、かき混ぜつつ試食しつつで全然問題なくできます。
既に野菜から結構水分が出て、焦げ付くようなことは、ありません。(放置しない限りは)


☆ちょっとおまけ(認知症の豆知識)☆
寝ぼけて暴れる。パーキンソン症状。幻覚(人、動物、虫)。うつ。物忘れは目立たない人も。
この病名は何でしょう? アルツハイマーに次いで多い認知症の1種、レビー小体型認知症です。誤診が多いです。
詳しくは、私のもう1つのブログを。

|

« 塩麹豆腐とトマトのカプレーゼ | トップページ | 花のアルバム »

野菜料理・サラダ・ ドレッシング・たれ・調味料など」カテゴリの記事

コメント

連休初日、そら豆でやってみました。ちょっと上等なオリーブ油を使って。美味しい!!あっという間に食べてしまいました。ほんと皮まで美味しい!! もやしをやってみる前に書いています。カレー粉がきれてるからゴマにしようかな。

投稿: まあ姉 | 2012年4月28日 (土) 14:12

でしょ〜!!
これ、私のオリジナルだと自負しているんですが(しかし同じことを考える人というのはいるもんですが。)本当にびっくりするくらい美味しいんですよね!

ソラマメがそんなに好きじゃない家族も「なんか、今日のは美味しいね。豆が違うの?」と言ったくらいです。

ゆでると皮は、本当に「皮」っという感じで価値がないですが、この調理法だと皮も身も同じ位美味しくなるのが不思議です。

投稿: しば | 2012年4月28日 (土) 14:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 塩麹豆腐とトマトのカプレーゼ | トップページ | 花のアルバム »