« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月 5日 (水)

認知症クイズ(誤診で泣かないために)

これ、元々料理レシピの覚え書きとして書いていたブログなんですが、右側の人気記事ランキングを見ると、あら、「健康ブログ」の様相ですねぇ。

さて、このクイズは、私のもう1つのブログこちらに書いたものなんですが、お役に立つと思いますので、こちらにも。

今日は、「認知症・クイズ」に挑戦してみて下さい。

多くの医師も誤解している内容です。
認知症で誤診は、珍しくありません

では、正誤クイズ、スタート

認知症になると物忘れがひどくなる。

認知症の人は自分がボケているとは思わない

認知症は、脳の画像検査(CT,MRI等)でわかる

レビー小体型認知症は、必ず幻覚が見える。

便秘、頻尿、汗の異常等は認知症と無関係。


では、答え合わせをしてみましょう。

認知症患者の5人に1人いると言われるレビー小体型認知症のことを中心に書きますね。
昨年「ためしてガッテン」今年「フジテレビ”とくダネ!”」で特集した認知症です。
(他の型は省略しますのでお許し下さい。)

『なんだ、それなら私には関係ないわ』と思った貴方。
貴方の周囲にも、必ず1人は、レビー小体型認知症の方がいます

ただ間違った診断名がついているだけです特に多いのは
うつ病、アルツハイマー病、パーキンソン病、統合失調症です。

     < 回 答 >

レビー小体型認知症や前頭側頭型認知症
 (ピック病等)では、物忘れが目立たない方がいます
  知能検査で高得点を取り、認知症ではないと誤診
  
レビー小体型では自分の失敗を記憶し苦しみます
  重症認知症のように見えても思考力が残り続けます

レビー小体型認知症は、画像だけではわかりません
  脳の萎縮がない方が多いです
  最も精度の高いMIBG心筋シンチグラフィ検査でも
  1割の方は異常が出ません

幻覚(幻視)をまったく見ない方も数割います。
 (幻聴・幻臭幻の痛み等が出る場合もあります。)
  見ても本物だと信じているので言わなかったり、
  隠す場合もあり、診察室ではわかりません

レビー小体型では、多様な自律神経障害が出ます。
  パーキンソン病の歩行障害が出る方/出ない方も。
  記憶力等の認知機能低下が目立たない方も。

レビー小体型認知症 早期発見チェックリスト3種
4大認知症 早期発見の知識とチェックリスト
レビー小体型認知症が、初歩から全部わかる家族会サイト(私が書かせて頂いています)
役に立つ!ほのぼの認知症マンガシリーズ

追記:認知症関連情報をツイッターでも→しば@703shiba

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »