« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月19日 (日)

イスラム教徒が食べてよいもの「ハラール」

NHKの「クローズアップ現代」でも取り上げられ
今、話題の「ハラール」。
「ハラル」とも言われていますが、
現地語の発音は「ハラール」です。

近くでは、マレーシアインドネシアの方の多くが、
イスラム教徒で、食べ物宗教的制限があります。
日本で一緒に食事をする時には、気をつけてさしあげて下さいね。
526e51a6_2

「ハラール」とは、何なのか
詳しく説明した本(柴田直美著「マレーシアにんげん事情」)から抜粋してご紹介します。
…………………………………………………

イスラム教徒は、豚肉を食べないだけではない。
豚肉を一度でも入れた冷蔵庫、料理した台所、のせた皿も不浄とする。(略)
「バビ(豚)と聞いただけで、吐き気がするよ」とマレー系の友人が言う豚肉は、中国系が毎日食べる肉だ。普通のマレー系は、中国系の家で料理されたものは、食べない。

鶏肉牛肉でも、コーランを唱えた後、イスラム教徒の手によって頸動脈を切って殺し、血を流し切ったものでなければいけない。
だから機械化された鶏肉工場でも、機械に挟まれ、どんどん流れてくる鶏の首を切るところだけは、手仕事だ。
旅行中や知らないで食べた場合は、許されるというが、忠節度は人による。(略)

他にも、牙のある動物、事故で死んだ動物、死肉を食べる動物、水陸両方に住める生き物の肉などもいけない。中国系のよく食べるやある種のがそれだ。これらのルールは細かくてマレー系の友人に訊ねても「他にも色々あるけど、何だったっけ?」と言われてしまう。

レストランにも肉にも調味料にも乾物にも、イスラム教徒が食べてよいものには「ハラール」と書かれているので、それさえ確かめていればいいらしい。(略)

飲酒も禁止されているが、料理にも使えない。ワインの入ったステーキ・ソースとか、洋酒で香りを付けたケーキもだめだ。
すき焼きや煮物に入れる日本酒みりんもいけない。

(略)あるマレー系の女性が、日本に来た時も、一品一品の材料、使った調味料まで細かく訊いて考えていたが、結局、白いご飯以外には箸をつけなかった

(「マレーシア人間事情」P.72〜P.73 第3章「複合民族国家の日常」の中の「ご飯すんだ?」から抜粋。)
Ges
食品やレストランにあるハラールのマーク

こちらの記事も是非!
「認知症の種類がすぐ分かるチェックリスト」
(種類の誤診は多く、劇的悪化の原因に!)

| | コメント (0)

2014年10月15日 (水)

魚焼きグリルで陶器製ダッチオーブン

「ふた付きの小型ダッチオーブン、いいよ〜!
魚焼きグリルに入れて料理すると凄〜く美味しくなるの」と友人から聞いたのは、夏…。

それから3ヶ月。キッチン用品の店を見つける度に探し、ついに見つけた「グリラー」。
友人の買ったものとは違い陶器製ですが、電子レンジも直火もOK。
友人と同じ3千円という値段、デザインの良さにも惹かれて買いました。

想像以上でした。

野菜は、ちょっと塩を振ってオイルを軽くまぶして、魚焼きグリルに投入。
5分くらい熱したら火を止めて、5〜10分そのまま放置。
蒸し焼きですね。(野菜の水分だけで調理)
これで、野菜本来の持つ旨味、甘みが引き出されて、滅茶苦茶おいしいです。

水分が抜けず、縮まないのもいい。
エリンギを入れたら、サイズ変わらず、プリプリに仕上がりました。

鶏胸肉も塩、胡椒して、タイムやローズマリーをのせて、周りにタマネギやらキノコやら入れて投入。
ゆで鶏以上にジューシーに柔らかくできました。
一緒に入れた野菜も甘くておいしい。
焼き色を付けたかったら、器ごとコンロの上にのせて焼けます。

『この食材なら?こんな料理は?お菓子は?』と、久々に創作意欲をかき立てられております。

おいしい料理を作って、そのおいしさに感動しながら皆で食べる…。それ以上の豊かさって、ちょっと、思いつかないんですよね。

あ、これ、大きめの魚焼きグリルでないと入りませんので注意。
他の製品でも同じようにおいしくできると思います。

Img64419017_2
(画像はここから

必ず役立つ→認知症チェックリストも見てね!

| | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »