ツボ療法

2013年12月19日 (木)

湯たんぽでお灸

初めて湯たんぽを買いました。
高さ19cmのミニ湯たんぽです。

迷ったんですが、小さい方が、使いたい時にパッと使えて(中に入れるお湯の量が少ないので、すぐ湧く)手軽かなと思いました。

使ってみると、膝の上に置くには、小さ過ぎる。
なんだ・・使えないじゃないかと思ったんですが、威力を発揮したのは、横になった時。

おへその上に置くと、何とも気持ちがいい。
注ぎ口の出っ張りを下にして、おしりの下に敷いてもすぐ温まる。

想像した程、出っ張りは気になりません。

気を良くして、から背骨に添って首の付け根あたりまでを(上向きに)寝ながら温めてみました。
気持ちがいい!
温泉に入っているみたいにトロトロと夢心地に。

『ああ、これは、お灸の気持ちよさと同じだなぁ・・』と思って気が付きました。
お灸と同じなんです。

今まで背中は、ゴルフボールでゴリゴリ刺激したりしていましたが、湯たんぽの方が、ずっと簡単(寝るだけ)で、遥かに気持ちがいい

背骨に添ってからおしりまでずらりと重要なツボが並んでいますが、それを一気に心地よく刺激できる。
究極のお灸です。

「そんなの電気カーペット・電気アンカ・電気膝掛けで、いいじゃない」って思うでしょ?
ところが電気製品というのは、体に気持ちのよくない(=悪い)ものを出しているんです。
敏感な方は、それを強く感じて気持ちが悪くなります。

普通の方でも、湯たんぽの温かさと比べてみると、何となく分かると思います。
「なぜかは、わかんないけど、なんだか湯たんぽの方が、気持ちがいい。体が喜ぶ感じがする。日だまりみたいな自然な温かさを感じる」って。

なので、電気カーペットの上に寝てもお灸にはなりませんが、湯たんぽは、お灸になると思います。

是非、自律神経に効く背中のツボ(→こちら)を温めてみて下さい。
冷え、肩こり、腰痛、頭痛、むくみ、だるさ等の不快な症状が緩和すると思いますよ。

便秘を治す8つの方法(東洋医学も)
医師のすすめる起立性低血圧(立ちくらみ)を改善する方法

 家族が”おかしい!”と感じたら 
種類別認知症・早期発見チェックリストと基礎知識
(↑私の別のブログで希望を持てる医療介護情報発信中)
3大認知症(アルツハイマー型/レビー小体型脳血管性ピック病(前頭側頭型認知症)。パーキンソン病も。
それぞれ症状は全く違います物忘れがなかったりヨチヨチ歩いたり寝言で叫んだり見えないもの(虫・人・子供・動物など)が見えたり・・。


| | コメント (0)

2013年11月25日 (月)

慢性的な肩こりを治すストレッチ体操

2013年11月19日北陸中日新聞朝刊から。
記事全文は、中日新聞公式サイト)。

首都大学東京健康福祉学部の竹井仁教授考案の体操。
やってみるとかなり効くのでご紹介します。

竹井教授の解説。
「肩こりは、五十肩呼吸器障害につながる可能性があるほか、自律神経失調症の一因にもなりうる」
「この体操は、ストレッチと運動の組み合わせです。
日本人は受け身でマッサージをしてもらうのが好きだが、自分で運動しなければ効果は上がらない

肩もみ、マッサージ等でも治らない(その時は気持ちが良くても、すぐぶり返す)深層部のコリをほぐす体操の方法。

1. あごを引いて肩甲骨を開くイメージで腕を前に出す。
2. 腕の高さを変えずに左右の肩甲骨をつける気持ちで肘を曲げる。
3. 肩と肘を動かさず、肘から手までを上げる。

30秒間ずつ、へそに力を入れて行う。

2c4f
(写真は、中日新聞公式サイトから)

でも30秒続けるのは、ちょっと(正直、かなり)苦しいので、私は、10秒づつを繰り返してみたんですが、肩周りが、かなり楽になります。

私は、肩こりで病院に行ったことがあるんですが、肩周りの筋力を鍛えるように言われました。
風邪に効く葛根湯(かっこんとう)も肩こりや首の付け根の痛みに効果があると説明されました。
腰痛が、腹筋、背筋など腰周りの筋力の衰えで起こることは知っていましたが、肩こりも筋力低下で起こるとは知りませんでした。

冷え性も脚力など筋肉の低下で起こるそうで、運動不足は、万病の元のようです。
肩こり、冷え性、自律神経失調症にも効果があるスロージョギングは、おすすめですよ。


 家族が”おかしい!”と感じたら 
種類別認知症・早期発見チェックリストと基礎知識
(↑私の別のブログで希望を持てる医療介護情報発信中)
3大認知症(アルツハイマー型/レビー小体型脳血管性ピック病(前頭側頭型認知症)。パーキンソン病も。
それぞれ症状は全く違います物忘れがなかったりヨチヨチ歩いたり寝言で叫んだり見えないもの(虫・人・子供・動物など)が見えたり・・。

| | コメント (0)

2013年11月 8日 (金)

肩こりに小豆パッド

ヤワな体質なので、家族はよく健康グッズを買ってくれます。

何千円もするモノもあるんですが、結局すごく効くのは、百円ショップ(ダイソー)の足踏み板だったり
Unknown
普通のドライヤーだったり、ブラシだったりします。

最近、毎日使っているのは、あずき(と緑豆)で首と肩を温めるというもの(桐灰科学株式会社製)。
レンジで2分チンして、肩にポンとのっけます。

ポカポカ加減が、ちょうど良くて、極楽気分。
頭痛も肩こりも改善されます。

以前、レンジでチンするジェル状のものを持っていたんですが、四隅だけ異常に高温になるし、重いし、使いにくかったです。
(もう何年も経つので、改良されたかな?)

でも、あずきも使っていると色々改良したくなってきます。
首の所のあずきが、重力で下に落ちてしまうし、ツボの集中している背骨もカバーしていない。

そもそも豆だけなら、自分で作れるんじゃないか?
家にあった緑豆を手ぬぐいに包んでチン。
同じ感じになりました。

長方形の袋に詰めれば、目にのせる用。
小さい四角を2つ作ればツボ刺激用になります。
かなり細長く作れば、腰や背骨にも使えそう。

製品(「あずきのチカラ」)の説明書きを読むと200回使えると書いてありますね。
2001回目には、何が起こるんでしょう???

注意:説明書には「1日4回を限度とし、加熱使用後、次の使用まで4時間以上空ける。使用後、十分に湿気を吸収させないとあずきが異常に熱くなり、発火、火災などの事故を招くおそれがある」とあります。


 家族が”おかしい!”と感じたら 
種類別認知症・早期発見チェックリストと基礎知識
(↑私の別のブログで希望を持てる医療介護情報発信中)
3大認知症(アルツハイマー型/レビー小体型脳血管性ピック病(前頭側頭型認知症)。パーキンソン病も。
それぞれ症状は全く違います物忘れがなかったりヨチヨチ歩いたり寝言で叫んだり見えないもの(虫・人・子供・動物など)が見えたり・・。

| | コメント (0)

2013年8月30日 (金)

爪もみ療法

『免疫を高めて病気を治す「爪もみ」療法DVDブック』
(福田稔監修、安保徹協力)から。

爪の生え際(爪の白い半月の両脇から2ミリ下の2点)は、東洋医学の大事なツボで、それぞれ名前もあります。

自律神経失調症を治すツボ」でもご紹介したのですが、どれが、何に効くツボかを覚えるのは、中々大変。

この本は、針灸師ではなく、医師が書いた本。
10本全部刺激すれば、体温が上がり、免疫も代謝も高まり、自律神経が整い、あらゆる不調が治っていく」と書かれ、『それなら誰でも簡単にできる』と思い、ご紹介します。
有名なので既にご存知の方も多いですよね。

 <やり方は簡単> →図解

親指から小指まで5本、次に反対の手の親指から5本、爪の生え際を10秒間ギューっと押し続けるか、揉む。
(反対の手をグーに握り、その指の間に挟んでもOK)

*痛みや違和感のある指や
 自分の症状に対応する指のみ20秒に。
1日3回を目安に毎日続ける。

親指は、ぜんそく、リウマチ、アトピー等に対応。
人差指は、胃腸、大腸などのトラブルに。
中指は、耳鳴りや難聴。
薬指は、低血圧、低血糖、眠さ、だるさ、軽いうつに。
小指は、自律神経失調症、高血圧、生殖器のトラブル、肥満、肩こり、腰痛、認知症、パーキンソン病、糖尿病、痛風、動悸、肝炎、白髪、目の病気など多数。

薬指のみが、交感神経を刺激するツボです。
(他は副交感神経)
福田氏も以前は、薬指だけは刺激しないように指導していたそうです。
しかしその後の研究で、交感神経優位の人も副交感神経優位の人も5本の指全部を刺激した方が、白血球のバランスが整いやすくなることがわかったそうです。(詳しくは本を)
薬指1本だけを刺激すると免疫力を低下させますが、全部の指を刺激すれば、効果を高めるということです。

足の爪も同様にやった方が良いそうです。
(手の5本指を挟んで全指まとめて刺激してもOK)
ただし足には、対応する病気はなし。
頭や仙骨のゲンコツでのマッサージ、足の裏の押し揉みもすると更に効果的。

もっと効果を高めたい方は、次の5つを。
1. 運動で汗を流す。(筋肉を付けることが大切)
2. ストレスを減らす。(全ての不調、病気の原因に)
3. お風呂を楽しむ。(体を温める。血流、免疫アップ)
4. 乾布摩擦をする。
5. よく笑う


便秘を治す8つの方法(東洋医学も)
医師のすすめる起立性低血圧(立ちくらみ)を改善する方法

 家族が”おかしい!”と感じたら 
種類別認知症・早期発見チェックリストと基礎知識
(↑私の別のブログで希望を持てる医療介護情報発信中)
3大認知症(アルツハイマー型/レビー小体型脳血管性ピック病(前頭側頭型認知症)。パーキンソン病も。
それぞれ症状は全く違います物忘れがなかったりヨチヨチ歩いたり寝言で叫んだり見えないもの(虫・人・子供・動物など)が見えたり・・。


| | コメント (2)

2013年8月25日 (日)

耳の後ろの万能ツボ

松久 正 著『「首の後ろを押すと」病気が治る』をたまたま図書館で見つけて読みました。

著者は、慶応大学医学部卒業の整形外科医。
米国で、カイロプラクティックを学び、鎌倉で独自な治療をされている方だそうです。
(診察は、予約してから6年待ちと診療所のサイトに書いてあります。)

一冊の本に書かれているのは、耳の後ろの一点を一分押すだけで、神経のつまりを治し、体の様々な不快な症状(頭痛、めまい等の自立神経症状、膠原病、脊柱管狭窄症、ひざ痛、アトピー他)が改善するいうもの。

それだけです。

『そんな簡単なことで治れば、医者はいらないよな〜』と思いながら、トライ。
(すみません。何でも試してみたがる癖がありまして・・)

1分後、なんとなく首や頭が、楽になった感じ。
『気のせいだな・・』と思いながら、試しに首回し。
・・回る・・。
むち打ちをやって以来、スムーズに回らなかったのに・・。

今でも半信半疑ですが、ちょこちょこやっています。

やり方の詳細は、こちらを→「医道の日本社」のサイト

「目印になる大きな骨」は、耳のすぐ後ろに縦長にある骨。
その骨の一番下は、逆さまにした水滴の一番下のような形です。
2本の指で優しく骨の縁を触るとわかります。

追記:押すポイントは、乳様突起という耳の後ろの骨の最下部から更に下に1ミリ(後頭部側ではなく耳側)に1ミリの位置。 
押す側は、固い、重い感じがする方。押さない方は、柔らかい。
差を感じなければ、一方づつ30秒押した後、体の状態を観察して比べる。
中指を使って、「押す」というよりは、「触る」「当てる」という感じで行う。
左右同時や左右交互に押すことは、絶対に避ける
松久正著『「首の後ろを押す」と病気が治る DVDブック』から

追記:松久医師のクリニックに通っている方のお話を伺いました。「体の中で、首が最も大切なので首を決して冷やしてはいけない」と言われたそうです。

便秘を治す8つの方法(東洋医学も)
医師のすすめる起立性低血圧(立ちくらみ)を改善する方法
*カテゴリー「ツボ療法」(「自律神経失調症を治す」他)
*「スロージョギングのダイエット効果・健康効果」も必読です。

 家族が”おかしい!”と感じたら 
種類別認知症・早期発見チェックリストと基礎知識
(↑私の別のブログで希望を持てる医療介護情報発信中)
3大認知症(アルツハイマー型/レビー小体型脳血管性ピック病(前頭側頭型認知症)。パーキンソン病も。
それぞれ症状は全く違います物忘れがなかったりヨチヨチ歩いたり寝言で叫んだり見えないもの(虫・人・子供・動物など)が見えたり・・。

| | コメント (0)

2013年8月17日 (土)

痩せるツボ(万能ツボ)

全身の血行を良くし、エネルギー代謝の機能を上げ、ダイエットに効果的なツボをご紹介します。

でも血行を良くして代謝を上げると、結局、何にでも効く(万能)ということになります。

例えば、むくみ、体のたるみ、体型の崩れ、肌荒れ、吹き出物、湿疹、体調不良、頭痛、肩こり、だるさ、疲労感、冷え性、生理痛、不眠、ストレス、イライラ、自律神経失調症、便秘、下痢等々。

刺激する順番は、
外関(左右どちらかを1分)→合谷(左右30秒づつ)→三陰交(左右30秒づつ)です。
(不眠、イライラ等の場合は、三陰交のみを2分に増やす。)

毎日ちょこちょこやることが大切。1度に長時間はダメ。
1週間続ければ、必ず効果を実感するそうです。

効果を1分で確かめる方法もあります。
まず前屈をして、自分の柔軟性を確認します。
次に、座って、息を吐くことを意識しながら、外関を1分さすります。
再び前屈。1分前よりずっと柔らかくなっています。
私も実感しました。おもしろい!

外関は、知りませんでしたが、合谷と三陰交は、多くの症状に効くツボとして有名です。
三陰交は、冷えには、即座に効果を出すツボです。
この部分をレッグウォーマーなどで保温するだけで、冷え性の辛さは、劇的に改善しますよ。


 *外関(がいかん) 

場所:手首をそらせた時にできるシワのほぼ真ん中から指
   2本分肘よりのところ。手の甲側。(→図解
働き:全身の血流を改善し、体の柔軟性、機能、反応を
   高め、自然治癒力も上げる。
刺激方法:さする。

 *合谷(ごうこく) 

場所:親指と人差し指の間。それぞれの骨が交わる所の
   すぐ手前(指先側)。(→図解
(骨に当たり、押すと痛みがある。図解参照)
働き:血液循環を良くし、代謝を活発にする。
刺激方法:ぐーっと押す。

 *三陰交(さんいんこう)→図解

場所:内くるぶしの骨の一番高い所から指3本分上。
働き:血液やリンパなどの体液の流れを良くし、
   内蔵を元気にする。婦人科系の病気にも効果。
刺激方法:揉みほぐす。お灸も効果が高い。

*正確なツボの場所は、山田鍼灸の公式サイトの中の「正しいツボの取り方」でご確認下さい。
ストレスでダメージを受けている場合、押すと痛みを感じるので、すぐ見つけられます。

出典:「NHK生活ほっとモーニング 元気が出てくる!! 万能ツボ健康ダイエット」(2001年)。
監修は、西条一止(筑波技術短期大学学長・医学博士)

便秘を治す8つの方法(東洋医学も)
医師のすすめる起立性低血圧(立ちくらみ)を改善する方法
*カテゴリー「ツボ療法」(「自律神経失調症を治す」他)
*「スロージョギングのダイエット効果・健康効果」も必読です。


 家族が”おかしい!”と感じたら 
種類別認知症・早期発見チェックリストと基礎知識
(↑私の別のブログで希望を持てる医療介護情報発信中)
3大認知症(アルツハイマー型/レビー小体型脳血管性ピック病(前頭側頭型認知症)。パーキンソン病も。
それぞれ症状は全く違います物忘れがなかったりヨチヨチ歩いたり寝言で叫んだり見えないもの(虫・人・子供・動物など)が見えたり・・。

| | コメント (0)

2013年8月 6日 (火)

自律神経失調症をツボで治す その2

天才的な針灸師、竹之内診佐夫著「ツボ療法百科」から。

自律神経失調症に効く背中(背骨の両脇)のツボ4種です。
(背骨にそって上から)

  けつ陰兪(けついんゆ)脇の下の高さ位 図解
  心兪(しんゆ)    その数センチ下 図解
  胃兪(いゆ)     ウエストの辺り 図解
  腎兪(じんゆ)    腰の辺り 図解

*正確なツボの場所は、山田鍼灸の公式サイトの中の「正しいツボの取り方」でご確認下さい。
ストレスでダメージを受けている場合、押すと痛みを感じるので、すぐ見つけられます。

(追記:ゴルフボール2個を使うと自分で指圧できます。
上向きに寝て膝を立てます。痩せている人は、足や腹筋の力で少し腰を丸めると腰にある腎兪にも当たります。
刺激し過ぎないように、静止したり転がしたりして適度に刺激します。)

指圧の場合は、一押し3〜5秒。1つのツボを5〜6回押す。
押される人は、押されながら息をゆっくり吐き、止まった時に息を吸う。

他にお灸(棒灸)、つまようじを10本束ねたもの(鍼代用品)
ヘアドライヤーの熱を当てる方法、ブラシやタワシ、なども代用できます。
湯たんぽ(お灸代わり)も効きます。
(ブラシやタワシは、足の裏など広い範囲の刺激に向きます。)
Photo_2
追記:百円ショップで買ったミニ湯たんぽとジョギング用小物入れ(各百円)。これで背中や腰のツボを一人で刺激でき、同時に室内を動き回ることも可能。背中は、斜め掛けにします。

<各ツボの特徴>(兵頭明監修「東洋医学 経絡・ツボの教科書」から)

けつ陰兪心兪は、心を穏やかにし、精神を安定させる。胸のつかえを取り除き、気の巡りを改善する。

胃兪は、「脾」の機能を高め、胃の機能を改善する。
(「脾」の機能が落ちるとストレス性の腹痛、立ちくらみ、疲労感等を起こす。)

腎兪は、「腎」の機能を高める。
腰痛やむくみ、難聴、ぜんそく、認知症にも効くツボ。
(腎の機能が落ちると足腰がだるい、排尿の異常、記憶力低下、老化、むくみ、疲れ易さ等が出る。)

自律神経失調症をツボで治す その1
ツボ刺激の注意点

| | コメント (0)

2013年8月 2日 (金)

ストレスに効くツボ その1

天才的な針灸師、竹之内診佐夫著「新感覚のツボ・マッサージ」他から抜粋。

自律神経失調症の特効ツボ」は、ストレスが原因で起こる全身の様々な症状を緩和します。
崩れた全身のバランスを整えることで症状に作用します。
(ストレスに効くツボは、他にもあります。徐々にご紹介します。)

追記:疲れが抜けない、頭がうまく働かないといった体の不調は、老化やストレスが直接原因ではない。(ストレスや暴飲暴食などで)内蔵の働きが不調になったために、活動の元となるエネルギーの供給が疎外されていることから起こっている。(竹之内診佐夫著「手ツボ 足ツボ 元気のツボ」から)

***************************

百会 (ひゃくえ) 頭のてっぺん

頭痛、心身症、精神疲労による不眠と眠気、ストレス性の胃腸の不調、のぼせ、疲れ目、痔(静脈のうっ血を解消)げっぷ等に効果。

揉みほぐす。灸も効果。

************************

手の三里(てのさんり) ツボの場所の画像

ストレスによる胃弱や肩こり、心身症、高血圧、痔、下痢、疲労、眠気等に効果。

揉みほぐす。灸やヘアドライヤーでも。

***********************

だん中(だんちゅう)両乳首を結ぶ直線の中心点

ストレスに襲われている人がここを押すと嫌な痛みを感じる。やさしくゆっくり押すか、温めると良い。

ストレスによる動悸、息切れ、胃弱、眠気等に効果。

***********************

神けつ(しんけつ) へそ

胃弱、急激な腹痛・胃痛、食欲不振、下痢、吐き気、二日酔い、冷え性、ストレス、腰痛、肩こり、暴飲暴食による不調、頻尿、のぼせ等に効果。

押すのではなく、へそを中心とした面で温める(灸やヘアドライヤーで。)と効果的。

<リンク>
自立神経失調症をツボ療法で治す
その2

| | コメント (0)

2013年8月 1日 (木)

ツボ刺激の注意点

天才的な針灸師、竹之内診佐夫(故人)著「自分でできるツボ3分間療法」から。

*素人が自宅で刺激する場合は、ツボをピンポイントで見つける必要はない
自分で触ったり、つまんだり、押してみて特別な感覚(痛み、気持ち良さ)のある所を刺激する。

*ツボは、体の左右対称にある。
*両方を刺激して左右差があれば、痛い方のツボから先に刺激する。

*左右差は、症状の原因が異なるため起こる。
のツボは、ストレスが原因で痛む。
のツボは、暴飲暴食が主原因と考えられる。

急性の痛みや患部が熱を持っている状態、筋肉なら深い所の痛みには、強いツボ刺激を。
*その逆には、軽い刺激をゆっくり与えるのがよい。

*ツボ刺激は、1回3分(長くても5分)。1日1〜3回にとどめる。
決してやり過ぎてはいけない

激しい運動の直後風呂上がりすぐ、飲酒後は、禁止

追記:灸の場合は、食前食後1時間以内、空腹時、入浴後1時間以内は避ける。
夜寝る前など決まった時間に続けるとより効果的。
「3週間続けて1週間休む」か「3日続けて1日休む」サイクルで。(竹之内診佐夫著「ツボ療法百科」から)

*ツボ刺激には、つまようじを5〜6本束ねて輪ゴムでとめたもの、たわしヘアドライヤー煙草の火(近付ける)等も良い。

追記:湯たんぽ棒灸(写真)もあります。

<リンク>
自律神経失調症(ストレスによる不調)を治す
認知症に効くツボ/ツボ探しに良いサイト・本など
100円ショップのツボ押し棒


 家族が”おかしい!”と感じたら 
種類別認知症・早期発見チェックリストと基礎知識
(↑私の別のブログで希望を持てる医療介護情報発信中)
3大認知症(アルツハイマー型/レビー小体型脳血管性ピック病(前頭側頭型認知症)。パーキンソン病も。
それぞれ症状は全く違います物忘れがなかったりヨチヨチ歩いたり寝言で叫んだり見えないもの(虫・人・子供・動物など)が見えたり・・。

| | コメント (0)

2013年7月31日 (水)

自律神経失調症をツボで治す

追記:ストレス等から起こる一時的な自律神経の変調による体調不良は、毎日のツボ療法でかなり改善されます

但し、同じような症状は、うつ病でも起こります。
   (→うつ病の自己診断テスト
うつ病と誤診されることの多いレビー小体型認知症
若年性アルツハイマー型認知症でも起こります。
レビー小体型早期発見チェックリスト リンクからアルツハイマー型も。 →5種類の認知症体験談 )
パーキンソン病(レビー小体型認知症と同じ種類の病気)
橋本病(甲状腺機能低下症)
その他多くの病気の可能性があります。
症状が重い/長引く場合は、受診して下さい!

‥‥‥‥‥本文 ここから ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

東洋医学、鍼灸のツボ刺激で、
辛い体の不調を改善しようという新シリーズ
第1回は、病院では治してもらえない自律神経失調症

ツボ療法は、実際に試してみると、
すぐに効果を感じられます

「ツボなんてわかんない」と決めつけずに、
理科の実験感覚で、楽しみながらトライしてみて下さい。
ピンポイントで見つけられなくてもOK。その辺をヘアドライヤー等で温めるだけでも効果を実感できます。)
B2501s
ツボって、何でしょう?
ツボは、1つが、1つの症状に
対応している訳ではありません。
(ツボの効能の説明は、治療者により、
多少違うことがよくあります。)

ストレス等によって体のバランスが崩れ、様々な症状
疲労感、冷え、頭痛、不眠、だるさ、便秘、下痢、頻尿、イライラ、不安、耳鳴り、寝汗、肩こり、腰など体の痛み、むくみ、動悸、めまい、生理不順等)
が出ている時、全身のバランスを回復させるツボ(経穴)
を刺激し整えることで症状を緩和します。

ヨガや気功、太極拳に考え方が似ている
部分があると思います。

 <ツボの見つけ方>

図(全ツボ図解付き)を見て「この辺かな?」という所を自分で触ってみます
皮膚を親指と人差し指でつまんでみて
痛みを感じる所
押して痛い、或は、気持ちの良い所
が、自分に効くツボです。

(健康に問題がないから押しても何も感じない
ということもあれば、健康を害しているために鈍感になることもあります。)

ツボを刺激する際の注意点こちらの記事を。

以下は、天才的な針灸師(東洋医学の名医)
竹之内診佐夫(故人)氏の著書「超かんたんツボ療法」
(1995年出版。P.183〜185)からの抜き書きです。

<自律神経失調症の人の特徴>

1.手の三里を押すと健康なら指先までビーンと響くが、
 それがない。(→手三里図解
2.目を閉じた時、眼球を静止できない。
 (重症になるほどひどい)
3.舌を思い切り出した時、静止できない。
4.頭のてっぺんにむくみがある。
 (直径3〜5cm。ブヨブヨする)

<自律神経失調症の根本原因>(ツボ探しのヒント)
心経、小腸経、心包経、三焦経、大腸経の弱まり。

<特効のツボ>(鍼が良い。素人ならお灸を毎日)
(灸代わりにヘアドライヤー、湯たんぽ、使い捨てカイロ、こたつ、茹でたコンニャクでも良い。手、棒、ブラシタワシ、つまようじの束、ヘアピンで刺激しても良い。竹之内診佐夫監修「ツボ療法百科」から)

百会 (ひゃくえ)頭頂。両耳を結ぶ線上。図解
  (安く軽いブラシや頭皮マッサージ用ボールが効く)
身柱 (しんちゅう)背。第3第4胸椎の間 図解
   (ヘアドライヤーや湯たんぽで刺激。)
神門 (しんもん) 両手首の小指側の端 図解
    (灸が刺激しやすい)
手の三里(てのさんり)上記「特徴1」を。図解
   (ヘアドライヤーが使いやすい。)
内関 (ないかん)手首内側 線から3cm肘より図解
神けつ(しんけつ) へそ。胃腸、頻尿にも。
   (ヘアドライヤーが使いやすい。)
だん中(だんちゅう)両乳首を結ぶ直線の中心点
   (だん中:ストレスがある人は嫌な痛みを感じる)
   (優しくさするように刺激する。)
Biwakos
素人でも簡単にできるお灸。貼る千年灸より効果が高い。
写真はフードに取り付けた棒灸(もぐさを固めたもの)。
皮膚には接触せず、じんわり温まり非常に気持ちが良い。
(画像は、ここからのコピーですが、製品は他社にも色々あります。)

追記:ツボの探し方は、「山田鍼灸」のサイトの「正しいツボの取り方」(左上のメニューの上から3番目)が、わかりやすいです。


<より手軽なツボ>(たえず指で揉む習慣を) 図解
(束ねた爪楊枝、歯ブラシ、タワシでも刺激できる)

中衝(ちゅうしょう)手中指爪の生え際人差し指側)
関衝(かんしょう)手・薬指の爪の生え際、小指側)
少沢(しょうたく)と少衝)手小指の爪の両方の生え際)
心包区(足の裏の土踏まず手のひらの中心エリア)

これらと同じツボを使う「爪もみ療法」詳細
「その2(更に気持ちが良い背中のツボ)」に続く。


<見つけ易く簡単に揉める自律神経のツボ>

(毎日揉むと2、3ヶ月でかなり改善。灸も効果)
手首にあるツボ:大陵太淵陽池陽谿
手の甲にあるツボ:中渚
(竹之内診佐夫著「手ツボ 足ツボ 元気のツボ」P.203)


<体と脳の機能に非常に効果が高い即効のツボ>
(ツボに当たると気持ちの良い痛みを感じる)

湧泉:冷え、疲れ、高血圧、糖尿病、更年期障害、腎臓病
  等(体の機能を正常化。元気が出る足裏のツボ)
足三里:疲労感、胃弱、のぼせ、更年期障害等
  (疲労を瞬時に取り、胃腸を整え、心身を元気に)
追記:足三里は子供には禁忌。成長が止まる。(P.155)
合谷:頭痛、肩こり、五十肩、意識障害、乾燥肌等
  (骨を押す感じ。キーンと鋭く痛みが響く点) 
  (脳の血流を良くする)
三陰交:冷え、月経不順、更年期障害、生殖器関連
  (灸などで温めると全身ポカポカしてくる。)

Unknown
↑湧泉など足裏ツボ刺激に効果的。百円ショップで。
Photo_3

これは頭の百会のツボに効く。重みと弾力性がある。→
百会のツボは、よくあるイラストよりずっと後方にあるので注意。

Photo
追記:ペットボトルにお湯を入れてお灸代わりにするのはとても良いです!写真のように凹ませた部分を頭や首や肩に当てるとピッタリ!

<竹之内氏の薦める症状別 特効のツボ> 
症状名をクリック(同じツボを図解)

便秘頑固な便秘を治す完全ガイド
だるさ(他に中渚も特効ツボ
冷え(上記の湧泉・陽池・三陰交他)  
動悸・息切れ(他に上記の神門、指の中衝、少衝)

(リンク)
認知症に効くツボ/ ツボ探しに良いサイト・本紹介
東京大学での漢方医学セミナーの内容
*カテゴリ「ツボ療法
百均のツボ押し棒
スロージョギングの健康効果・ダイエット効果
 (運動は自律神経を正常化します。)
自律神経失調症症状で始まる方、パーキンソン病症状
 で始まる方も多いレビー小体型認知症
 早期発見チェックリスト
足湯でリラックス・血流改善・安眠
便秘を治す8つの方法(東洋医学も)
医師のすすめる起立性低血圧(立ちくらみ)を改善する方法
温熱療法体験記

追記:「せんねん灸ショールーム銀座」での売れ筋は、「一灸さん(暖め)」(大和漢)、「長生灸(微煙・無臭)」(山正)だそうです。(2013年12月3日の日経新聞)→せんねん灸公式サイト

追記:交感神経と副交感神経のバランスの整え方について分かりやすく書かれた本:小林弘幸(順天堂大学医学部教授)著
『自律神経を整える「あきらめる」健康法』
『なぜ「これ」は、健康にいいのか?』

追記:ツボの位置探しに一番良い本は、「ツボ単」です。(2014年6月現在)

 家族が”おかしい!”と感じたら 
4大認知症・早期発見チェックリストと基礎知識
(↑私の別のブログで希望を持てる医療介護情報発信中)
3大認知症(アルツハイマー型/レビー小体型脳血管性ピック病(前頭側頭型認知症)。パーキンソン病も。
それぞれ症状は全く違います物忘れがなかったりヨチヨチ歩いたり寝言で叫んだり見えないもの(虫・人・子供・動物など)が見えたり・・。

| | コメント (1)

より以前の記事一覧